ルビーの鉱物的性質

真っ赤に燃えるような色味が特徴の宝石、ルビーは情熱的で活動的なイメージを持たれている方も多いでしょう。

ルビーは、世界5大宝石として古くから親しまれてきました。

ルビーの類似席としては、代用品として昔からレッドスピネルが使われてきました。

ルビーは、ひっかき傷に対する耐久性を示すモース硬度において、最高のダイヤモンドに次ぐ9を誇り、我に対する耐久度を示すへき性においては、ダイヤモンドより高い基準を示します。

酸や熱にも強く、一般的にも扱いやすい宝石とされています。

サファイアと同じ成分を持つルビーは、コランダムと呼ばれる鉱物に分類されます。

サファイアとは性質上全く同じですが、色味が違うだけで区別されています。

ルビーの科学組成は酸化アルミニウムで、発色の要因はクロムです。

ちなみに、ブルーサファイアは鉄とチタニウム、バイオレットサファイアはバナジウムが若干量混合していることによって、色味がかわっています。

ルビーは高い耐熱性、耐酸性、対アルカリ性を誇りますが、価値の低いものはこの耐久性も低いため取扱には充分な注意が必要です。

スタールビー、スターサファイアのスター効果は、インクルージョンと言われるルチルの細かい針状結晶が3方向に多数密集して内包されることによって発生します。

ルビー買取ならコチラの専門店さんがオススメなので是非ご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です